terminology

専門用語集

三協社員なら知っておきたい物流関連用語

末尾に*マークのついた用語につきまして横浜市港湾局の協力を得て掲載しております。

引用元:港湾業務用語集

背高コンテナ*

通常コンテナ(高さ8フィートまたは8フィート6インチ)を超える高さがあるコンテナのこと。ハイキューブともいう。

船用品*

船舶の運航上必要な、機械の部品、工具、ロープ、乗組員の食料品などの物資をいう。関税法では、「燃料飲食物、その他の消耗品及び帆布、鋼、じう器、その他、これらに類する貨物で、船舶において使用される物」と定義されている。

船内荷役事業(stevedoring)*

船舶への貨物の積み込み又は船舶からの貨物の取り卸を行う事業。従来は港湾運送事業の第2種事業という単独の業務区分であったが、昭和59年の法改正により、沿岸荷役事業と統合、「港湾荷役事業」となった。

船側(せんそく)*

船の側面のことをいう。

船積代理店(シッピングエゼント)*

船会社の委託を受けて、荷主が持ち込んだ貨物を受け取りから本船に積み付けするまでの一切の作業を行う者をいう。我が国では港湾運送事業法に定める一般港湾運送事業者であり、陸揚代理店を兼ねている場合が多い。(参)エゼント

船荷証券*

→B/L(Bill of Lading)

税関*

財務省の地方ブロック機関。密輸の取締り、輸出入の許可(通関)、関税の徴収、保税地域の許可、貿易統計の作成などを行っている。

セミコン船(セミコンテナ船:semi-container vessel)*

在来船の一部の船艙、主として船体中央のコンテナ積載に最も適した部分をコンテナ積載用の専用船艙としているもの。船上にコンテナ揚げ積み用の本船クレーンを自走している船もある。

船舶代理店*

海運会社の業務であるところの船舶の入出港手続や運航、集荷などの事務手続を海運会社との間の委託契約に基づき、その諸事務を代行する事業者のこと。

船荷証券*

→B/L(Bill of Lading)

貨物の船積みを証明するために運送人(通常は船社)は荷送人に発行する有価証券。貨物の受取証であり、運送契約の証拠であり、引受証券の性格も有する。