RECRUIT

採用情報

Y.A

これが私の仕事

輸出入に関わる業務しています。具体的には通関に関する打ち合わせから、輸入では船が入港してコンテナ置き場から搬出するため手続きや国内輸送の手配、お客様と納期のやり取りなど、輸出では輸入同様国内輸送の手配や、コンテナに貨物を詰める日の打ち合わせし、船積までのスケジュール打ち合わせ等をしています。決められた日時で納入先に貨物を納入する上で大切なことが二つあります。一つは迅速かつ正確に業務をこなすこと、もう一つは起こりうる様々な事態を想定して手配を進めることです。貨物をトラブルなく納入できるのが一番ですが、予定通りに物事が運ばないこともあります。そのような際に柔軟に対応できたときに面白さを感じます。

だからこの仕事が好き!

今私がいるチームでは主に業務に携わる場所なのですが、ある貨物を輸入する際、事前に頂いていた情報では他法令とは関係ないものとされていましたが、実際通関士の方に通関依頼をしたときに、クリアしなければならない法令があることが判明しました。その際に他部署の方から業務手順を教えていただいたり、通関部隊の方とも何が必要なのかを直接教えていただくといったサポートがあり結果として無事貨物を輸入することができました。この出来事を通して、チーム内だけでなく、他部署の方にも気軽に聞くことができる環境があることを実感し、入社してよかったと改めて感じました。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由ここが好き

会社側(人材開発室)から期待されていること私の志望理由の一致度が高かったからです。私が就活の軸として持っていたものが、海外との繋がりがあり、自分の特性と合う企業を探すというものでした。三協を知ったのは大学で開催された合同説明会で第一印象は海外にも支店がある安定した会社で、その当時は候補の中の一社でしかありませんでした。選考中、人材の方々と面会回数が増していく中で私自身が会社からどのような評価を受けているか、そして何を期待されているかを知り、自己分析と会社側からの分析の一致度からこの会社なら期待された様に活躍できるのではないかと考えるようになりました。また、同期にユニークな人が多いということを入社前に聞き、同世代の人とも切磋琢磨して行けるのではないかと考え入社を決めました。

先輩から学生へのメッセージ

自分と全く異なる就活の軸を持つ人と話すことは、大切なことだったのではないかと就職してから考えるようになりました。就職活動を終えて様々な業界へ行った友人との話を通して、魅力的に感じることや新たな発見が多々あります。またその話を通して、自分が今いる業界、会社が外から見てどのような印象なのかを知ることができます。このことから、自分の視野を広げることと、考え方をニュートラルに戻す意味でもほかの業界を見ていたり、まったく違う考え方(就活の軸)を持つ人と話すことは、頭の柔軟さを保ちつつ思考を深めていく上で重要なことであるのではないかと考えます。とは言いつつも就活中は頭がいっぱいになりがちだと思うので、適度に適当でいることも案外重要な要素であったりするのかもしれません。