RECRUIT

採用情報

T.K

これが私の仕事

海外から届けられる食品の配送・輸入通関手配および、海外への輸出通関手配を行っております。具体的には、食品の入ったコンテナを港から倉庫まで運ぶ手配を行ったり、食品を輸出入するために必要な検査手配や書類の作成などを行っております。物流全体の中では国内での小さな区間ですが、日本の貿易審査をクリアするのに欠かせない重要な区間です。そのうえ食品の種類、原産国、加工・保管状態によってそれぞれ異なった手順が必要であり、一つの確認漏れが関税額の増減やスケジュールの遅れに関わるため、とても重要な仕事なのです。新しい通関案件を無事に終わらせる度に、自らが学び、成長している実感を得られることが何よりの喜びです。

だからこの仕事が好き!

入社2年目の夏に大型台風が来た際でもスケジュール通りに通関手続きを行うことができたことです。コンテナの輸出入スケジュールというのは、まず船のスケジュールを確認することから始まります。船のスケジュールというのは海上の天候はもちろんコンテナヤードの混雑具合、貨物量など多くの要因によって数時間単位で変動いたします。台風が接近するときというのはスケジュールの予測が難しく、さらにその年はコロナが蔓延し始めたため、コンテナヤードの作業効率も落ちていました。そのような中でもお客様、コンテナ運送会社、倉庫業者の方々と幾たびも打ち合わせを重ね、最終的に無事に貨物をお客様のもとへ届けることができました。細かな状況の判断力と最善方法を見つける発見力が身についたと実感できたとき、とても大きな達成感を感じます。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由ここが好き

私が会社選びで最も重要視したことは、社員が成長し続けることができる社風かどうかです。自分がこれから何十年も同じ会社に勤めるとするならば、常に新しいことへのチャレンジや成長を後押ししてくれる会社がいいと考えていたからです。そのような社風でないと、いつか社会人としての向上心を失ってしまうかもしれないからです。そのため、当社の常に新しく時代に合った物流をデザインするという理念は、私の求める「常に成長し続けられる社風」と一致していると感じたため、志望いたしました。

これまでのキャリア

食品の海上輸出入業務。(現職今年で3年目)

先輩から学生へのメッセージ

就活中にいかに下調べを行っていようが、実際にその会社に入ってみないと見えないものはどうしてもあります。また、就活中に多くの企業を知る中で、疲れや迷い、焦りから、自分の強みは何か、やりたい仕事は何かを見失ってしまうこともあると思います。しかしどんな時も、自分がなりたいと願う未来像さえ見失わずにいれば、必ずここに入りたいと思わせてくれるような会社に出会えるはずです。就活生の皆さん、頑張ってください!