news

創立65周年記念式典 開催

                                              
平成30年5月1日(火) 本社6階大会議室にて、創立65周年記念式典が開催されました。

藤木幸三社長は、これまでの会社の歴史を振り返りながら挨拶をされました。


画像.jpg     2画像.jpg

社長職を拝命して初めての仕事だった50周年の節目の創立記念式典から、今年で16年目で 

す。 就任当時は不況の煽りを受けて厳しい経営状況でしたが、景気が回復した60周年には

創立式典パーティーを盛大に行わせて頂きました。 表彰者の皆さん、10年という長い間

一生懸命に働いてくれてありがとうございます。(藤木社長メッセージより抜粋)


 

永年勤続者表彰と優秀事業所表彰が併せて行われ、10年勤続者6名、3営業所が表彰

されました。

画像3.jpg     画像4.jpg

株式会社フジトランスコーポレーション様より平成29年度年間無災害表彰を受賞

平成30年2月15日、株式会社フジトンランスコーポレーション様の全国安全会議において
国内自動車専用船の船内・沿岸荷役作業に対し、
当社ターミナル事業部 川崎港営業所(年間取扱台数194,781台)と、
千葉港営業所(年間取扱台数229,904台)が無事故・無災害表彰を拝受いたしました。
無事故・無災害表彰は川崎港営業所は10年連続となり、
グループ各社並びに皆様方のご指導・ご協力のお陰と感謝いたしております。
今後とも、藤木グループであります株式会社みなと輸送をはじめとする
協力会社と一丸となり安全作業に努めてまいる所存です。


 ターミナル.jpg

第一回"日本の食品"輸出EXPOに出展いたしました

10月11日(水)~10月13(金)に幕張メッセで行われた「第一回"日本の食品"輸出EXPO」に出展いたしました。

本展示会は国内の食品メーカーと国内の輸出商、海外のバイヤーが一堂に会し、日本の食品を世界に向けてアピールしていくという海外バイヤー及び日本の輸出商に売り込むための商談会でした。

弊社は本展示会の「農水産物ゾーン」にて輸出支援企業として日本の食品を世界のバイヤー様にお届けする為の海外輸出手続のアドバイスを行ってまいりました。

当日は当社ブースへ、日本のお客様だけでなく、中国、香港、ロシア、コロンビアなど、様々な国の方がいらっしゃり、おかげさまで、大盛況で終わることが出来ました。

今後とも更なる皆様のご協力、ご支援の程よろしくお願いいたします。

集合写真.jpg

昨年に引き続き株式会社フジトランスコ-ポレ-ション様より平成28年度年間無事故無災害表彰を受賞

平成29年2月16日、株式会社フジトランスコ-ポレ-ション様の全国安全会議において昨年に引き続き
国内自動車専用船の船内・沿岸荷役作業に対し、当社車輌タ-ミナル部川崎港営業所(年間取扱台数179,892台)が無事故・無災害表彰を拝受いたしました。

グループ各社様並びに皆様方のご指導のお陰と感謝致しております。
今後もこれに慢心することなく、幣藤木グループであります株式会社みなと輸送様を
はじめとする協力会社一丸となって安全作業の施行に努める次第です。

20170303131726-0001.jpg

株式会社三協とRhenus Logistics Asia Pacific Pte Ltdによる合弁会社設立について~

弊社とRhenus Logistics Asia Pacific Pte Ltd (本社:シンガポール共和国、CEO:Tobias Bartz、以下Rhenus Logistic AP)は、両社の各地におけるアセットを有効利用し、更なるお客様のニーズに合った国際物流事業を拡充するため、2016年6月15日にドイツ・ホルツヴィッケーデにおいて、合弁会社設立に関して合意し、調印式を執り行いました。それにより、両社の共同出資による新会社を設立し許認可取得次第、今秋を目処に営業開始いたします。

1 会社設立の目的
弊社は藤木グループの国際営業部門として、強みである日本の港湾物流を基盤としたサービス並びに自社海外ネットワークを展開、Rhenus Logistics APの親会社はドイツにあるRhenus SE & Co. KG、Rhenusグループとしてヨーロッパ及びアジアに500以上の拠点があり、Freight Logistics, Contract Logistics, Port Logisticsを展開しております。
この度の合弁会社設立を機に、両グループの強みを最大限に活かし多様化するお客様のニーズに対応した事業展開を加速させていきます。

2 合弁会社の概要
会社名     三協レイノス株式会社
        (英名 Rhenus Sankyo Logistics K.K.)
所在地     東京都港区虎ノ門3-25-2
設立日     2016年6月23日
資本金     1億円 (出資比率 Rhenus:67% 三協:33%)
役 員     代表取締役:Andreas Loewenstein
          (Regional Director of Rhenus Logistics Asia Pacific Pte Ltd)
          取締役:Ivan Van Eetvelt
          (CFO of Rhenus Logistics Asia Pacific Pte Ltd)
          取締役:古川貴雄(株式会社三協 専務取締役
事業内容    国際総合物流サービス

【お問合わせ先】
宮良 亘 (三協レイノス株式会社 統括部長)
電話:03-6435-9394
for press release.jpgのサムネール画像

東京オフィス(中央区月島)移転のお知らせ

このたび弊社東京オフィス(中央区月島)は、下記の通り事務所を移転し、
来る5月16 日(月)より業務を開始する運びとなりました。
これを機に役員、社員一同、多様化する皆さまのニーズにお応えすべく一層努力して
まいる所存ですので、今後も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


田町: 〒108-0014 東京都港区芝4丁目13番2号 田町フロントビル4F
WRC: 〒135-0064 東京都江東区青海3丁目2番17号
   株式会社ワールド流通センター中央事務所棟404号室
本社: 〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通2丁目14番地
川崎: 〒210-0869 神奈川県川崎市川崎区東扇島30-5

総合企画部 経営企画課 田町 (TEL) 03-6453-6605(FAX)03-6453-6613
総合企画部  総務課 田町(TEL)03-6453-6606(FAX) 03-6453-6612
人材開発室    田町(TEL)03-6453-6607(FAX) 03-6453-6612
ロジスティクス第一部 車輌プロジェクトカーゴ課 本社(TEL)045-211-1454(FAX) 045-663-5975
ロジスティクス第二部 営業課 田町(TEL)03-6453-6608(FAX) 03-6453-6614
同 カスタマーサポート課 WRC (TEL)03-6380-7453(FAX) 03-6380-7456
同       国内物流課 川崎(TEL)044-277-8771(FAX) 044-277-3858
ロジスティクス第三部 営業課 田町(TEL)03-6453-6609(FAX) 03-6453-6614
同 カスタマーサポート課 WRC(TEL) 03-6380-7454(FAX) 03-6380-7456
同 複合輸送課 WRC(TEL) 03-6380-7451(FAX) 03-6380-7452

AEO制度における「AEO 認定通関業者」の認定取得について

弊社は2016年4月13日付けで横浜税関長よりAEO制度に基づく認定通関業者の認定を受け、
本日、村中健一横浜税関長から藤木幸三社長へ『認定通関業者認定書』が受け渡されました。
AEO制度は民間企業と税関とのパートナーシップを通じて、国際貿易における貨物の安全確保
と物流の円滑化の両立を図ることを目的として国際的に推進されている制度です。
日本では、貨物のセキュリティー管理及びコンプライアンスの体制が整備された事業者に対して
税関長が認定するもので、当社はこの度認定を受けたことにより、以下の6通関営業所において
AEO認定通関業者としての通関業務を行えるようになりました。

【通関営業所名】 
○通関管理室横浜営業所
神奈川県横浜市中区(藤木ビル2階)
○通関管理室東京営業所
東京都江東区青海(ワールド流通センター事務所棟4階)
○ロジスティクス第2部大阪営業所
大阪府大阪市西区立売堀(本町立売堀ビル4階)
○ロジスティクス第2部福岡営業所
福岡県福岡市博多区博多駅東(ITビル3階)
○東北支店仙台営業所
宮城県仙台市宮城野区(仙台ディストリビューションセンター)
○苫小牧営業所
北海道苫小牧市一本松町

今後も適正な通関業務とセキュリティー確保を通じ、ご満足いただけるサービスを提供させて
いただく所存です。

AEO総括管理室
DSCF3133.jpgのサムネール画像
左:代表取締役社長 藤木 幸三 / 右:横浜税関長 村中健一氏

20160421141511-0001.jpg

2016「三協グローバルセミナー・交流会」を開催

3月18日(金)、TKPガーデンシティ品川にて、お取引先、国内外の弊社グループ会社従業員など150名を招待し、TPP(環太平洋経済連携協定)発行で注目されるカナダ西岸を取り上げ、「三協グローバルセミナー&交流会」を開催いたしました。

最初に、弊社常務取締役 古川貴雄より開会の挨拶があり、三協のカナダでの事業展開に触れ、バンクーバーに同国3社目の現地法人「Sankyo Trade Services(Canada)Ltd.」(STSC)を先月設立したことを紹介させていただきました。

プレンゼンテーションでは、
ウェスタンステベドアリング社のブラッド・エスレマン社長が「カナダ西岸における港湾物流とターミナル運営」、
在日カナダ商工会議所の面手精二名誉顧問が「日本・カナダの貿易の変還」、
カナダ林産業審議会・カナダウッド日本代表のショーン・ローラー氏が「進化を続ける日本の木材建築業界におけるカナダの役割」
と題し、ご講演いただきました。

セミナー後の交流会では、冒頭に弊社社長の藤木幸三より参加者に歓迎の挨拶を行った後、日本郵船株式会社取締役常務経営委員 丸山英聡様 、神奈川倉庫協会会長 小此木歌蔵様、三菱倉庫株式会取締役横浜支店長 原洋一郎様よりご挨拶をいただき、横浜市港湾局局長 伊藤慎介様による乾杯のご挨拶にて交流会に移りました。会場では、江戸太神楽 仙丸さんによるによるパフォーマンスが催され、海外ゲストのみならず、来場された皆様を楽しませ和やかな雰囲気にて交流を深めました。

IMG_8992.JPG

IMG_9123.JPG

カナダのブリテッシュコロンビア州バンク-バ-に「SANKYO TRADE SERVICES(CANADA)LTD.」(STSC社)を設立

弊社は、カナダのブリテッシュコロンビア州バンク-バ-に「SANKYO TRADE SERVICES(CANADA)LTD.」(STSC社)を平成28年2月23日に設立いたしました。

多様化する物流ニ-ズに対応するべく、カナダ現地法人South Fraser Container Services(2005)Ltd.の敷地内に倉庫を新設し、各種貨物の積替え基地としての流通機能を強化しました。
更に積地側でのセールス活動と国内外問わず三協グル-プの特性を活かした高品質な物流サ-ビスを提供する総合窓口として、STSC社を設立し、当社グル-プの一貫した輸送サ-ビスを使用することにより、お客様の業務負担軽減、コストセ-ブ、安全な輸送をパッケ-ジ商品としてご提供できる体制を整えました。
これにより、川上から川下までの複合一貫輸送をお客様のニーズに合わせてデザインさせていただけるようになりましたので、業務の拡大に繋がるものと期待しております。

【お問合わせ先】
SANKYO TRADE SERVICES (CANADA) LTD.
Suite1500,Pacific Business Center, 701 West Georgia Street
Vancouver BC V7Y 1C6 Canada
Director: Yuji Uchida
E-Mail: stsc@fujikigroup.co.jp

北海道で通関業免許取得、苫小牧市に新たに営業所を開設

弊社は平成27年秋に北海道苫小牧市に新たに営業所を開設し、
平成28年2月1日に函館税関長より通関業免許を取得しました。

北日本の主要物流拠点である苫小牧港に営業所を構えたことにより、今後は北海道内におきましても、当社の国内外のネットワークを駆使した迅速且つ、きめ細かい国際・国内のロジスティクスサービスを展開して参ります。


[問合せ先]   株式会社 三 協 苫小牧営業所 取締役所長 内 田 眞 也       
 北海道苫小牧市一本松町13番3号
 ☎ 0144-56-5990   fax 0144-56-5995


007.JPGのサムネール画像

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages