RECRUIT

採用情報

A.K

これが私の仕事

私の働いている複合輸送課では、海外と多くお仕事をしています。海外へ海外から貨物を輸送したい法人のお客様に海上・航空を踏まえた複合一貫輸送のご提案をしたり、その手配をする部署です。
船会社や航空会社を利用し、貨物の輸送を行います。また、海外についてから客先に届けるまでの手配等も担当することもあるので、語学力(英語)が必要な部署になります。大きなプロジェクトでは、ヨットの輸送をしたことあります。海外のレースへ参加するため、ヨットをその日程に合わせ輸送をし、また終わったらもって帰ってくるという輸出も輸入も請け負う仕事があります。現地の通関状況を確認したり、日程に間に合うよう手配をする必要があるため、やりがいはありますが、毎回非常に気を遣う難しい仕事です。このようにこちらの部署では、海外や船会社・航空会社と多くつながりのあるお仕事をしています。

だからこの仕事が好き!

全ての国の担当者が英語が母国語ではなく、日本にいる私たちも同じです。そのため、英語力が高い人が対応していてもなかなか情報がうまく伝わらないことが多々あります。業務の流れを理解し、どんな作業があるのかを日々の業務から学びそれを現地の業務に当てはめ簡潔にかつ、わかりやすく伝える努力をしています。このように海外の代理店と少しずつ関係を構築していき、実際現地の担当者にお会いし、とても良い関係を構築できていると感じられたときとてもやりがいを感じます。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由ここが好き

入社してから月日が経ってしまいましたが、覚えている限りですと、「英語を使える仕事」「コンテナ輸送の仕事」「海外と繋がれる仕事」理由で海外と繋がる仕事のある会社を志望していました。
海外旅行が好きで海外へ行くことがモチベーションになっていた私にとって、海外と繋がれる仕事はとても興味がありました。横浜の港湾では有名な三協という企業はきっと世界にもつながる仕事をしているだろう、そして、何よりも当時はもう少し人数も少なかったのでアットホームな感じで 採用の方が接してくださりそれが決めた理由だと思います。

先輩から学生へのメッセージ

どんな部署や環境に置かれても、そこで耐える忍耐力、自分で新しいことを模索し実行するだけの実行力、そしてそれを維持するためのモチベーションは人から言われてやるのではなく、自分で見つけていくものだと思います。どこの会社にいってもこれは自分で見つけていくものです。会社に入らなければわからないことの方が多くありますので、その会社がやっていることや社員の方と多くふれあい感覚が合うかどうかを見極め、もしそれが三協だと感じたときは是非、株式会社三協を受けていただければと思います。