RECRUIT

採用情報

Y.I

これが私の仕事

私は現在、倉庫にてEコマースの物流に携わる仕事をしております。私自身は営業という立場になりますが、お客様がEコマースの貨物を取り扱いたい、その上で藤木グループの物流に関する知識と経験をお借りしたい、という事で、現在三協の倉庫内でEコマースの貨物を取り扱っており、お客様が軌道にのるまでお手伝いをするという仕事をしております。私自身、入社してから大黒ふ頭倉庫に配属されていた事もあり、その時の知識と経験を活かしながら、Eコマースという今までにない貨物に関して取り組んでおります。Eコマースの貨物を取り扱うという事もあり、貨物の種類は多岐に渡ります。それらを正確に仕分け、正しい配送先に送る、という業務は大変ですが、今まで経験した事がなく、お客様と試行錯誤しながら取り組んでいくのはやりがいを感じます。

だからこの仕事が好き!

1年前に担当いたしました、カザフスタン向けのトラックのパーツの配送の仕事を無事完遂出来た時が一番嬉しかったです。カザフスタンまでの輸送は内陸の国になりますので、船便だけではなく鉄道での輸送となります。私は勿論、私の上司ですら経験した事がない仕事になりましたので、本当に手探りでの仕事になりました。勿論トラブルは沢山発生しました。例えば、カザフスタンの駅に到着したものの、いつまでたっても依頼主が引き取りにこない、納入した後の空のコンテナを次の使用者に渡す為の輸送費を払ってほしいと言われる等がございました。全てが初めての事だらけの中で荷主様や協力会社と何度もお話しながら最終的に納入が完了した時、苦労もありましたが物流の奥深さ、面白さというのを改めて認識いたしました。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由ここが好き

地元である横浜の企業でありながら、若手を積極的に挑戦させてくれる風土に魅力を感じ、選びました。私は大学時代、地方自治体の研究を行っており、地元の条例について研究しておりました。そのなかで、地元に貢献したいという気持ちが強くなりました。そのような企業で就職活動いくなかで、三協では若手も積極的に海外に行かせる等、様々の経験をさせてくれるという話を受けて、そこに魅力を感じ入社いたしました。実際に私も1年目からペルー、アメリカの物流の視察をさせて頂いたり、日本向けのサバの輸入の為に1カ月間ノルウェーに駐在したりと、さまざまなことに挑戦させて頂きました。

先輩から学生へのメッセージ

就職活動を行っていく上で一番大切な事は、自分に正直になる事であると思います。勿論、多少は話を盛る事も重要ではあるとは思いますが、自分が本当は何をしてきて、今後何をしたいのか、という事を理解し、話す事で相手にも伝わってくるでしょう。面接官もプロですので、そういった学生を見極めて採用すると思いますし、自分にあった会社というのをより見つけやすくなると思います。