Viewing

« 北米研修  ~SEATTLE & LOS ANGELES~ | Viewing トップ | 三協フットサルチームが第5回港湾関係者フットサル大会に参加 »

ボートショー2010

3 月4 日(木)から7日(日)までの4 日間にわたり、パシフィコ横浜において『ジャパンインターナショナルボートショー2010』(第49 回)が開催されました。社団法人日本舟艇工業会が主催となり、当社は2007年第46回開催より会場の設営・運営・撤去等開催に伴う荷役作業に携わっております。

ボートショー準備.jpg

3月4日(木)の開会式では藤木会長がテープカットに参加し、オープニングを飾りました。
パシフィコ横浜の屋内展示ホールと隣接する特設フローティング会場に、170 社・団体が2010 年ニューモデルや新素材を使用した提案型など多種多様なボート、ヨット、水上オートバイ等150 隻を出展しました。

ボートショー会場1.JPG

メイン会場内では、間寛平さんがランニングとセーリングで地球を一周するという壮大なプロジェクト、「アースマラソン」で使用されたヨット「エオラス号」の特別公開もされていました。太平洋、大西洋を横断し、これから中国から日本への最終コースを走るヨットを見ようと来場者が最大で60分待ちの列をつくっていました。

ボートショー会場2.JPG

09 年ボートショー終了後から展示スペースを09 年比8 割の規模で実施に取り組んだ今回のボートショーですが、サカナのクイズやローイングマシンでのタイム競技、手作りヨットコーナーなど体験、参加型のプログラムが充実し家族連れなどからも好評で、会期中はあいにくの天候ではありましたが、4日間で約3万8千人が来場し賑わいを見せていました。


レポート:横浜カスタマーサポート課  友坂 奈央子
      横浜通関課           松本 紗織